Home

税理士の仕事

税金の専門家

税理士は、一言で言うと税金の専門家です。職務と使命については法律で規定されていて、納税者である第三者からの依頼により、税務代理、税務書類の作成、税務相談を行うと定められています。

税務代理は、納税者に代わり税務署に対して税に関する申告や申請を行うことです。自主申告、自主納税とされている法人税、所得税、相続税、贈与税などは納税者が自分で計算して納めるものですが、非常に複雑な税法に基づくものなのでその手伝いをするのが税理士の業務です。税務書類の作成は、税務官公署にあてて提出する書類が対象ですが、年間で多いのは確定申告や年末調整、決算に関する書類です。

税務相談は、税に関する主張や陳述、また課税に関する計算などについての相談に応じることです。税務代理、税務書類の作成、税務相談の3つは税理士の独占業務とされていて、税理士にしてできない仕事です。独占業務以外の業務には会計業務やコンサルティング業務などがあります。また税理士は行政書士となる資格も持ち、社会保険労務士業務も行えます。

書類の作成など

税理士の仕事というと、税務に関して仕事をしていると、みなさんもイメージがあると思います。企業などの税務のお仕事をしていてたいへんな仕事で資格もとるのもたいへんだという印象があります。税理士の仕事は、企業に対して行う税務に関した書類の作成業務などがあります。

これは、税務書類の作成を行う業務で、書類の種類などがたくさんありますので、作成するにあったては専門的な知識がもとめられます。またほかの業務内容として、企業の税務に関する相談にのったりして、税務に関したアドバイスにのったりといったことも仕事内容のひとつになっています。

このほかには税務の代理業務などもあります。このように、税理士の仕事はたくさんの仕事ないようがあり、専門的に勉強したひとでないと難しい内容になっていたりするようです。企業の方で税務などに関してしりたいという人は、税理士の人に相談してアドバイスをもらうことで税務に関してしることができます。

Copyright © 税理士ってどんな人達? All Rights Reserved.